学校の備品の購入

学校の備品の購入には

学校の備品購入は中古がお得

学校の備品を購入したいときには、中古品を探すとお得に入手できます。インテリアアイテムとしても人気のある学校の備品は、新品で購入すると高くなってしまいますし、使い古された雰囲気ももちろんありません。そこで中古品がお得なのです。少子高齢化に伴い、廃校や統合される場合も増えてきました。当然使われなくなった机やイスは需要が無くなるので、何もしなければそのまま廃棄となってしまうでしょう。長年生徒たちに愛されてきた品物を再び別の形で使ってもらおうと、マーケットやオークションに出品されていることもあるので、そこから手に入れることができます。

公立高等学校の備品の財源

公立高等学校の備品には、机やいす、黒板などがあります。これらは、政令指定都市を除き、都道府県の教育委員会が行政財産として所有しているもので、学校施設課などと呼ばれる部署が管理監督しています。そのため、机やイスには、備品ラベルと呼ばれるシールが一つひとつ貼ってあるはずです。これらの財源は、都道府県の予算によるもので、定期的に購入・支給されています。元をたどれば、県民税や交付金などの税金から賄われているものです。授業中に、つまらない授業だな、などと思いながら机に落書きをする生徒さんがいるかもしれません。しかし、この大元は、生徒さんのご両親や、卒業生の親御さんたちが一生懸命に働いて支払った税金によって成り立っていることを忘れてはなりません。

↑PAGE TOP